浅草「正ちゃん」 街を味わう、煮込みでホッピーを味わう


DSC01639.jpg 

こんにちは!

浅草はお好きですか?
食事と言ったらどこでしょう。
食通な文士さんは、どじょうの「飯田屋」「駒形」、すき焼きの「今半」「米久」、蕎麦は「並木藪」、甘味「梅園」、酒は「神谷」。このあたりを紹介するのかしら。どれも浅草に欠かせない銘店ですが、大衆グルメ居酒屋だって特長がありますよー。

ホッピー通りの名で有名な浅草寺西側のウィンズへと伸びる100mの通りだって浅草の大事なパワースポット。
なにのパワーがあるのかって?それは、もちろん飲兵衛パワー(笑

観光地価格で割高なのですが、どのお店も煮込みを肴にホッピーを飲んでいるととても気持ちがいいです。
この中で選ぶなら、私は「正ちゃん」です。
なぎら健壱さんはじめ、吉田類さんなどそうそうたる飲兵衛が愛用しているお店ですのでご存知の方も多いのでは?
なゆの東京散歩では、1000軒を越えてやっとの紹介です。
・・・だって、いつもここに来るときには酔っ払っていて撮影どころじゃなかったから(*´∀`*)

今日もみんな外で飲んでいますねー、私も混ぜてください♪

DSC01634.jpg

お師匠(いつも一緒に飲んでいる酒場師範)に同行いただいて・・・
あ、席空いていますね。「お兄さん、ここ座ってイイ?ホッピー1中2つお願いします、あと煮込みも」
と、手際よくオーダー。

お店そのものはカウンター数席だけの小さな世界なのですが、晴れている日は路上にどどーんと席が広がります。
いい天気でよかったです♪

地元のお子さん連れのママたちが女子会をしています。さすがパワフルですね~。
では私たちも乾杯です☆彡

煮込みは牛すじです。 甘めに煮込まれていてトロン・プリンとしています。これに焼酎たっぷりホッピーがよくあいます。

DSC01636.jpg

見上げれば青空。そういえば隣にリッチモンドホテルができたんでしたっけ。このあたりも再開発が進んでいますね。ボーリング場の跡地には阪急阪神グループの新楽天地の建設が進行中ですし、次々と昭和が消えて21世紀の浅草へと生まれ変わっています。

ですが、ここ正ちゃんはずっと昭和のまま。こういうお店はいつまでもこのままであってほしいものですね。

DSC01638.jpg

ホッピーセット(450円)と煮込み豆腐をおかわり。
肉じゃがや皿うどんなどもありますが、ここの基本はやっぱり煮込み系。豆腐も味付けはすじ煮込みと一緒ですが、この木綿豆腐をちびちび食べながらホッピーを飲んでいればとりあえず幸せです。

お姉さんたちどこから来たの?
えー、山手の方から?わざわざここに来なくても~なんて話。お客さんは祝日でもなければ地元の人がほとんど。

店主も店員のお兄さんたちもそこそこ優しい接客です。海の家の「陸版」といった雰囲気。行き交う人がうらやましそうに見ているように思えて優越感ですが、逆に「こんな昼間っから飲んで」という視線なのかも・・・しれません^^;

ここは2杯、おつまみ2品くらいに済ませて次へいくのがベスト。長居すると離脱できなくなりそうだから。
お手洗い事情・酔っ払いのからみ具合などを考えると女性お一人様の難易度は"Very Hard" 。でも、行きたくなるのが飲兵衛ということでしょうか。

ごちそうさま。 

 


正ちゃん (居酒屋 / 浅草駅(つくばEXP)浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅) 
夜総合点★★★☆☆ 3.0

 

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ1日1回クリックしてくださると嬉しいです。    

 ☆浅草で梯子酒をするならこちら
浅草「水口食堂」 赤星3本飲んだのに!? 
浅草「酒の大桝 雷門店」 デート利用もありな角打ち



コメントは受け付けていません。


こちらの記事もどうぞ



«