十条「中国家庭料理 楊 十条店」 ゴローさん坦々麺で人気の本店


DSC01620.jpg

こんにちは!

このブログを観てくださっている方は、異色のグルメドラマ『孤独のグルメ』(テレビ東京)をご存知のかたも多いと思います。
東京を中心に主人公の井之頭五郎が飲食店で食事をとる番組で、ごはん好きの間ではちょっとしたブームになっています。

設定では五郎さんはトビキリの下戸ということで、居酒屋ごはんをしても白米をもりもり食べてお酒は一滴も飲まないのですが、それでも私は毎週欠かさず見ていました。

さて、そんな五郎さんがふらりと入った池袋のお店がのひとつが、池袋にある「中国家庭料理 楊」さんです。
汁無し坦々麺を辛そうな表情でモリモリと食べている姿はなかなかの迫力。私もいただいたことがあるお店ですが、ここ辛さ"普通"にしてもとっても辛いんですよね。

池袋は支店で、本店は十条にあります。今日は十条を飲み歩いたシメとして立ち寄りました。辛さで酔を吹き飛ばそ―う(笑 

DSC01615.jpg

まずは紹興酒で乾杯です。
梯子酒で酔っ払っていますが、中華料理に紹興酒を飲まないなんて考えられません。

瓶出しですね、すっと掬い出してそそがれる紹興酒ってワクワクしますよね。

DSC01616.jpg 

お通しは中華風冷奴。お豆腐はこのあとやってくるから~い担々麺のためにほどほどにキープしておいて、おつまみは腸詰めにしましょう。

この独特な香りや甘辛の味付けがくせになります。

DSC01617.jpg 

紹興酒をおかわりするのもいいですが、やはりお酒もこの後の辛い担々麺に備えてビールを。
楊さん、本店はサッポロビールなのですね!嬉しい黒ラベルであらためて乾杯です。
池袋店はスーパードライでしたし、とくにメーカーについては決まりはないのかしら。

優しい感じの中国系の店員さんが一人で接客されています。時間が遅いですもんね。
ランチメニューも豊富ですし、十条で辛いものを求める人が集っていそうです。

私はもっぱら夜の利用ばかりですが、十条は名居酒屋が揃うのでお店選びは毎度悩みます。

DSC01618.jpg 

はーい、出来上がりました。浅めの丼皿に入っています。
チンゲンサイ、ひき肉の他にナッツが大量に乗っているのが楊さんの汁なし担々麺の特長。

混ぜないとこのようにおとなしいですが、下には真っ赤なタレが潜んでいます。混ぜ混ぜすればあっという間にナポリタン似の姿です。

辛さは初めての人は「少なめ」をオススメされます。なれると普通になり、極稀に「辛め」という人も。麻と辣の辛さがありますが、お師匠は花山椒が大好物つなので、麻を辛めにしてもらいました。

これがもうすごいパワー。舌の感覚が麻痺しそうなくらい、頭のてっぺんは涼しいのに汗をかいてしまうほど。
「わー、これこれ、いいねっ」とお師匠。

はぁー、辛くて酔いが覚めそうです(笑
覚めちゃったのならもう一軒いこうかな。

ごちそうさま。


中国家庭料理 楊 十条店中華料理 / 十条駅東十条駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ1日1回クリックしてくださると嬉しいです。   

☆十条で梯子酒をするならこちら
十条「喜多八」 今日は馴染みの店で一人酒 



コメントは受け付けていません。


こちらの記事もどうぞ



«