北千住「幸楽」 この街でお昼から飲むなら立ち寄り必須の酒場


DSC05900

常磐線沿線は名店揃いです。上野からスタートして柏くらいまで、どこの駅で降りても楽しい大衆酒場がひとつはあるものです。とくに密集しているのが北千住。日光街道最初の宿場町として江戸の頃から栄え、現在もJR・東武・メトロ・つくばエキスプレスの4社が乗り入れる交通の要所です。

だいたいそういう街にはいい酒場が多いもので、北千住は常磐線で一番の飲み屋タウンです。老舗の人気店が多い北千住ですが、実は日中はどのお店もお昼寝をしていて開いていません。北千住に来ればお昼酒ができるだろうとワクワクしてやってくると空振りするのでお気をつけを。ただ、ここ一軒を知っていれば無駄にはならないですよ!

「幸楽」は東口で昔から暖簾を掲げている老舗の一軒。なんと朝10時から営業しています。ここがあることでどれだけの人がお昼を楽しく過ごせたことでしょう。私もその一人。

DSC05901

お店は結構な大箱で、一直線のカウンターがお一人様用。テーブル席は常連さんたちが約束もなく集まってきて、いつのまにか盛り上がっている集会スペースになっています。奥ではアパレル関係のような雰囲気の女性3人組が真っ昼間からジョッキビールを飲んでいます。いいなぁ、この雰囲気が大好き。

さて、瓶ビールと本日のおすすめお刺身にあったあじタタキをもらって、では乾杯!瓶ビールはキリンクラシックラガー。いまどき大びんで480円というのは素晴らしい。お通しはありません。

DSC05903

あじタタキ(500円)をつまみながら始まりました、本日のお昼ごはんを兼ねた昼酒タイム。開け広げた扉の向こうは夏の日差し。その先を日傘をさして通り過ぎる女性やP箱を台車に乗せて配達中の酒販店の人、スーツ姿でこれから取引先に挨拶にいく雰囲気の人、様々な通行人がみえますが、こちらは別世界。まるで見えない結界がはられているかのようにこちらは穏やかな時間が流れています。

DSC05904

カウンターからは厨房でもくもくと料理を仕上げる板前さんがよく見えます。こういうところの良さは、誰かが頼んだおつまみを眺めて、「あー、あれ美味しそう」と心のなかでつぶやくこと。私ももらおう。「お姉さん、焼鳥4本タレでお願いします」。

DSC05906

幸楽はどの料理が名物とか、オススメとか、そういうのは特にありません。ただなんとなく摘んでいると、気づいたら結構これいいかも?と思うくらい。お店の雰囲気、店員さんの近すぎない接客、箱が大きいことによる空間的余裕、それが絶妙に混ざり合って幸楽の良さがあるのだと思います。

DSC05908

入り口にも看板が出ていた合同酒精の甲類をベースにした幸楽ボール(300円)。下町の老舗酒場といえばどこにもオリジナルのハイボールはあるもので、もちろんウィハイではなく甲類の焼酎ハイボールです。

DSC05909

度数強め、氷少なめ、それなのに結構冷えていてスライスレモンが1枚。やっぱりこれですよね、周囲のお客さんもビールかボールしか飲んでいません。お目当ての一杯はボールにあり。

DSC05910

300円のハムかつは初めてオーダーしましたが、結構分厚くてびっくり。もっとペラペラのハムでもいいやと思っていただけに。ハムの厚さだけでプチハッピーになれるのだから、酒場には小さな幸せがあふれていますね(笑)

付け合せのキャベツとかいわれ大根にはドレッシングがかかっているのも嬉しいです。

DSC05905

明るい時間からやっているお店は、やはり日中に飲みに行くのが一番。夜の賑いとはまた違った独特なムードが漂います。お店の人もフルパワーじゃないからこその雑談がありますし、麦焼酎をキープしているおじさんたちが顔を赤くして飲んでいる様子を遠目で見るのもなんだか楽しいです。

お昼からやっている貴重な一軒で昼からボールはいかが?きっと、お店をでたら自分の酔い具合と太陽の位置がアンバランスで「えへへ」って独り言いうに違いありません(笑)

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンからの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見 なゆ

大衆酒蔵 幸楽
03-3882-6456
東京都足立区千住2-62
10:00~22:00(日定休)
予算1,800円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«