北千住「徳多和良」 ハイクラスな割烹料理を立ち飲みで


DSC05916

割烹料理はお好きですか?大衆酒場の品書きとも被る部分は多いですが、やはり割烹ならではの季節感のある食材でつくるお刺身、焼き魚、汁物など、割烹の良さっていろいろありますよね。

そもそも割烹というのはオープンキッチンでカウンターの内側で調理されるの様子が楽しめるお店のことを言うそうですが、このカウンター、座らずに飲んでみたらどうなるのでしょう?

ということで誕生した立ち飲み割烹という新たなジャンルをつくった徳多和良。

北千住駅から徒歩5分。16時口開けですが、平日にもかかわらず開店待ちの行列は当たり前。少し遅れてしまうと二順目まで待たないといけなくなるほどの人気店です。

割烹くずしというフレーズがどんなお店かわくわくさせます。

DSC05912

料理の多くは300円均一、一番高くても500円という割烹の相場とはかけ離れた格安価格わを。むしろ、立ち飲み屋の平均よりも安いのではと思うほど。それでも品書きに踊る文字には贅沢なものばかり。空腹でやってきて端から頼んでいけば、相当な満足感になるはず(笑)

ドリンクも基本は300円均一。ビールは樽詰めだけでサッポロヱビスとアサヒのレーベンブロイの二種類から選べます。

私はいつものヱビスでスタートです。乾杯!

DSC05914

立ち飲みのカウンターなので当然そんなにお皿を並べられませんので2品くらい頼んでおきます。

先付は特にないので、目の前の大皿に入った煮浸しなどを頼んでおくといいかも。混んでいてもお酒・肴ともに素早く出てくるのがすごい。

毎日変わる品書き、今日はイトヨリやコチがありますね。甘海老はこんなに立派。これで300円とはさすが徳多和良。

あら汁が好物でして最初から頼んでおきました。あら汁と呼ぶには申し訳ないほどの澄みきった上質なものが登場しました。

DSC05915

天ぷらは白海老やキスなどが登場するので、このあたりも酒場ではなく料理屋寄りですね!

DSC05913

限定日本酒やオリジナルのハイボールもありますが、お茶割りや酎ハイが金宮ベースなのも嬉しいポイント。

まだまだ紹介したい料理があるのですが、続きはぜひお店でご自身で味わってお楽しみいただきたいと思います。

10人ちょっとしか入れないお店ですが、一時間くらい軽く飲んで店をあとにする人が多いので、列が長くなければ並んでもさほど待たないでしょう。

北千住の名所の一つ、今回も満喫しました。

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンからの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

徳多和良
03-3870-7824
東京都足立区千住2-12
16:00~21:00(日祝月定休)
予算1,800円



“北千住「徳多和良」 ハイクラスな割烹料理を立ち飲みで” への3件のフィードバック

  1. いつも楽しく拝見させていただき、飲み屋巡りの参考にさせていただいてます。会社は神田近くの日本橋ですが、6月23日(火曜日)には、「徳多和良」にお邪魔していました。料理のチョイスはちょっと違いましたが、同じメニューでした。ビックリです。
    これからも記事を楽しみにしています。また、どこかで知らないうちにお会いするのかもですね。

    • 塩見 なゆ より:

      同じ日だったんですね!私は開店と同時にはいりましたー。そうでないとなかなか入るタイミングの難しいお店ですから。。。神田が近い日本橋ですと、醸造屋さんはじめ、いろいろあって楽しいですよね!
      こんど、どこかでお会いしましたら乾杯でも☆彡

  2. 僕は5時過ぎに入ったのですが、最後の一人なほどに満員でしたね。いつもより混んでいたのかな?角のそばにいました。
    そして、職場は新しく出来た醸造屋は本当に近くです。
    では、乾杯できる日を楽しみに巡回活動を継続いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«