大手町「パーフェクト黒ラベルビヤガーデン2015東京」 今年もオープン!最高の黒ラベルを東京の中心で味わう


DSC04869

去年に引き続き、大手町のサンケイビル前の広場にてサッポロビールを楽しめるビヤガーデンが登場。「パーフェクト黒ラベルビヤガーデン」という名前の通り、パーフェクトな黒ラベルを楽しむビールの質に重点をおいたビヤガーデンです。

 

黒ラベルはどこで飲んでも一緒でしょう?と思いますよね。
ここは一般的な黒ラベルとちょっと違うんです。ビールそのものは自宅で飲む缶入りのものや居酒屋さんで飲むものと同じ。違いは「提供品質」がパーフェクトということ。確かに生ビールは注ぎ方次第で味が変わってきますよね。Syupoでも何度も「ここの生はスゴイ」なんていう飲み屋さんを紹介してきましたが、ここはその上の質を楽しめるパーフェクトがコンセプト。

 

DSC04843

サッポロビールを長年扱っている老舗ビヤホール「ニユートーキヨー」の直営店で、サッポロビールも協力している「フラグシップ」的扱いのお店。そんなお店がうたう「パーフェクト」を今年も飲みにやってきました。

パーフェクト黒ラベルのビヤガーデンは去年から始まっていますが、去年は私もいろいろ感じたことがありまして、それがどう進化しているか、とっても気になっていました。

風のうわさで「今年はものすごい力が入っている!」と耳にしていましたのでワクワクしながら大手町へ。

DSC04852

単なる飲食レポートは他のサイトにおまかせしまして、今回はマニアックな視点で紹介していきたいと思います。
まずは決済がキャッシュオンからチケット式になりました。えー、自販機で買うのは味気ない…なんてことはありません、前はお会計のカウンターで列をつくり、ビールを受け取るのにも列を作るという流れであまりスマートではなかったのですが、販売機の台数も多くスムーズにビールが買えるようになりました。

DSC04854

相当練習されている感じの方が丁寧に入れていきます。

パーフェクト黒ラベルはまずジョッキをすべらせるようにビールを注ぎ、泡は専用の注ぎ口から上に載せるようにいれるスタイル。パーフェクト黒ラベルは通常の居酒屋にあるディスペンサーのタップと違う専用の形状をしています。

気泡や余分な泡はしゃもじを使ってすりきっているのが「おぉ!」と思った点。

DSC04855

それでは、いただきましょう!どうですか、この完璧な見た目!7.5:2.5くらいの泡の比率、グラスは気泡のないクリアそのもの。

では「えへへ」という声をもらしつつ乾杯です。

DSC04859

毎日、お水よりも飲んでいる黒ラベル。パーフェクトって言ってもそうは変わらないでしょう…なんて考えを飲む前までは思っていたんです。なので、いつも飲んでいる黒ラベルとこんなに違うものかと驚いて、「まいりました」という気持ち。

今年のパーフェクト黒ラベルはより磨かれていますね!

DSC04861

飲んだあとに残るレーシング(エンジェルリング)もこの通り!

え、一口が多すぎるって?だって美味しいんですもん。

DSC04858

去年のパーフェクト黒ラベルも美味しかったのですが、どうしてもビヤガーデンという環境でなんとなく質の安定という点で課題があるように思っていました。混んでいるから仕方がないよね…と思っていたのですが、今年はばっちりですよ!

上から目線で勝手放題言ってごめんなさい、でも正直に「名誉挽回ですね!」と思いました。

DSC04867

さて、より美味しくなったパーフェクト黒ラベルがあるのだから、もう一杯おかわりしておつまみも。やっぱりニユートーキヨーといえばウィンナー(600円)は必ず食べておきたいおつまみ。

ザワークラウトとたっぷりの粒マスタードが嬉しい、ウィンナーがごろごろ盛られていていい感じ。

DSC04863

もうこのビジュアルに、あの黒ラベルですよー。それだけで何ガロンでも飲めてしまいます(笑)

DSC04865

泡とビールの間にある霧状の細かな泡の層「フロスティーミスト」もご覧のとおり。飲むごとに新たな泡を再生していくので、ずっとビールの泡がクリーミーなまま楽しめます。フロスティーミストが出ているのは提供クオリティが良い証拠。

DSC04849

お店は昨年よりもだいぶ大きく、造作も立派になっています。ブース中央にはテレビCMでお馴染みの大人エレベーターがあります。

DSC04848

このボタンを妻夫木聡さんが押しているシーンが好き。

DSC04847

エレベーターの中はサッポロの生ビールの歴史が紹介されています。1957年に加熱処理ではないビールとして誕生した生ビール。当時は「瓶生」と呼ばれていたというのは、サッポロ好きには基礎知識(笑)

黒ラベルという名前はファンが愛称として呼んでいたことから商品名になりました。

DSC04846

今年の春、バランスにこだわってブラッシュアップされた黒ラベル。瓶も缶も、生のグラスもデザインチェンジしたのは記憶に新しいです。

DSC04850

今回は開放的な屋外で飲みましたが、広々とした屋内スペースも完備。炎天下のお昼間はエアコンが効いているほうがいいですもんね。このほか、予約すると使えるVIPルームもあります。

DSC04851

黒ラベルが新しくなってから最初のパーフェクト黒ラベルビヤガーデン。味の違いを去年と比較されてみてはいかがでしょうか。仕事帰りにふらり立ち寄ったり、休日はお昼からやっているのでお昼酒にも良さそうです。

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンからの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

パーフェクト黒ラベルビヤガーデン2015
東京都千代田区大手町1-7-2東京サンケイビル「フラット」内
・5月~6月 平日16時~22時、土日祝12時~22時
・7月~9月 平日16時~23時、土12時~23時、日祝12時~22時
(ラストオーダーは閉店30分前・期間中無休)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«