【ねこ好き必見】ねこラベル・山形「米鶴酒造」カンタービレ | はせがわ酒店


DSC02241

皆さまは猫派ですか、それとも犬派?
どっちも可愛いし癒されますよね。ちなみに、私は酒場と酒場の間、梯子の途中ではよく猫が寄ってきます。たぶん、前のお店で食べたイワシの丸干のせいだと思いますが(笑)

さて、猫好きのお酒好きの方は、やっぱり気になってしまう猫がモチーフになっているお酒。

ヤッホーブルーイングのビール「水曜日のネコ」や志太泉の「にゃんかっぷ」などが有名ですが、もっともっと欲しいっ、可愛いお酒が飲みたい!って気持ちはおさまりません。

そんなときに、なんと山形県高畠町の300年続く米鶴酒造より可愛いねこラベルのお酒が発売されるとの情報が!米鶴酒造のある高畠には猫宮神社があるなど、猫との繋がりおおき場所。
気になる、気になります。

 

DSC0297

はせがわ酒店表参道ヒルズ店で出会えるとのことで、早速向かいました。
この界隈はお酒とはややご縁の少ない場所でしたが、新潟のアンテナショップ「表参道・新潟館ネスパス」など、最近はお酒好きも楽しめるエリアに変わりつつあります。

DSC02300

話題性の高いショップが並ぶ表参道ヒルズ。こんなおしゃれな場所に酒屋さんが入るなんて、なんと素晴らしい。

DSC02305

はせがわ酒店は、大きな窓でとても開放感があり、入りやすい雰囲気。女性を意識した内装はさすが表参道といえますね。はせがわ酒店は亀戸の酒販店で、東京スカイツリータウン・ソラマチや東京駅のグランスタにも出店している、いま勢いのある酒屋。

一部を除き、店内に試飲BARを儲けているのが特長で、有料試飲したあとに購入することができます。お酒のラインナップよりも提案型の販売に重点を置く、このスタイルははせがわ酒店が牽引していますね。

DSC02307

従来の酒屋のイメージを一新する開放感。お酒のラインナップは珍しい銘柄が多い印象。

DSC02312

さぁ、それでは頂きましょう。
「米鶴 純米カンタービレ」、お米は山形らしく出羽の里、精米歩合65%、日本酒度は-8~-4、酸度1.5~1.8

旨味、酸味のバランスがよく、すっとしたお酒。それでいて飲みごたえも十分。
どっしり系の昨今のお酒とはまた違う方向に向いていますが、これもまた美味。

鯛や平目のお刺身や鮎塩焼き、焼鳥(塩)との相性が良さそう。

DSC02325

優しい軽い味になっていますが、このお酒、度数が12%とワインと同程度。日本酒を食中酒で飲むときに、ちょっと強いなと思う方にはぴったりではないでしょうか。

DSC02317

花冷えくらいの温度が酒造の提案になっていますが、私はもう少し常温に近くてもいいかなと思います。
度数が控えめなので、日本酒を日頃から多く飲む人には、花冷えだとやや物足りなく感じますが、それより上の温度は、濃い目の味の日本酒とはまた違う魅力が感じられて、素直に美味しいと思えるのでは。

DSC02328

それでは、つづいてお燗にしてみましょう。
40度、ぬる燗くらいで試します。

DSC02330

なるほど、だいぶ味は変わります。花冷えのときにバランスよくなる味わいにしているのでしょうか。お燗はニュアンスに変化が。酸味はかわらないのですが甘さが増す印象。

DSC02333

好みもありますが、やはり私は15度よりやや上くらいが丁度いいかな。

DSC02334

燗冷ましは、また複雑な変化があり、これもまた楽しめます。

DSC02345

つぎは脚付きで試飲。お米の優しい花のような香りがよく増して、これで飲むのが私は一番だという答えに。

好みはいろいろ、お酒を買ったらやっぱり試してみませんとね。

DSC02323

はせがわ酒店では、米鶴酒造がつくるはせがわ酒店企画商品「かっぱの子分」など、ほかにも楽しいお酒がいっぱい。女性を意識した銘柄が多いですが、男性ももちろん楽しめると思います。

デート利用は当然あり。


彼女「ねぇねぇ、カンタービレはやっぱり酵母はTY24だよね?」
彼氏「山形だし、たぶんそうだね。この味からしても」

そんな会話はさすがにないない、それじゃあ酒造関係者じゃない。

もっと気軽に使えるお店です。

 

日本酒がメインですが、クラフトビールや日本酒メーカーのリキュールなど、最近話題の個性的なものが多く揃います。

一杯飲むのが角打ちの基本ですから、界隈のショッピングで疲れた喫茶店代わりに立ち寄るのがいいですね。お酒好きならば、一杯や二杯、お散歩途中に飲んでも大丈夫でしょう。

はせがわ酒店はグランスタ(東京駅銀の鈴広場)ばかり利用しているという皆さま、表参道ヒルズのほうが空いていますし、落ち着いてお酒との出会いを楽しめますからオススメです。

カンタービレを試飲できる角打ちは、現時点ではせがわ酒店表参道ヒルズ店のみ。立ち寄られてみては?
※米鶴カンタービレは、はせがわ酒店での販売開始は2015年2月6日以降を予定しています。

 

はせがわ酒店表参道ヒルズ店
03-5785-0833
東京都渋谷区神宮前4-12-4 表参道ヒルズ本館 3F
11:00〜21:00(日・連休最終日20:00まで。無休・ただし2月16日・17日は休館日につき休業)
BAR利用予算1,200円

 

DSC02258

ねこラベル「カンタービレ」に関連して、田園調布にて開催中の「ねこ展2015 in 田園調布」でも、ラベルのもとになった猫の絵をはじめとした猫だけの展覧会が2月23日(月)まで開催されています。

DSC02242

人気画家の画がいっぱい。

DSC02256

こちらがラベルのデザインのもとになった絵。チェコの人気絵本作家ガブリエラ・ドゥプスカー氏によるもの。

DSC02240

こちらにもカンタービレが展示されています。「なめらかに」という用語のカンタービレは、その名の通り、日本酒をより口当たりよくなめらかにという思いがこめられているそうです。

DSC02238

なお、こちらではお酒は販売はされていません。購入ははせがわ酒店表参道ヒルズ店、もしくは米鶴酒造ホームページから。今後も販売店は増えていくとのことです。

 

展覧会概要
「ねこ展2015 in 田園調布」
開催場所:東急東横線・目黒線 田園調布駅東口駅前 東急リバブル田園調布コミュニティプレイス
お問い合わせ:03-6870-6109
開催時期:開催中~2月23日(月) 火・水定休
時間:10:00~18:00
出品予定:きくちちき・田島征三・武田秀雄・原マスミ・松本圭以子
森本ひであつ・山口マオ・山下絵理奈
ちびギャラリー他ボンボヤージュ・Gabriela Dubska  他
入場:無料

「ねこ展 2015」は田園調布のあと茅ヶ崎でも開催されます。
タイトル  「ねこ展2015 in 茅ヶ崎コミュニティプレイス」
開催会場  東海道本線茅ヶ崎駅南口駅前 0467-68-5109
開催時期  平成27年2月26日(木)~4月20日(月)
いずれも10時~18時:入場無料/火・水休み
なお、たれねこラベルの日本酒「Cantabile」や「ねこ展2015」の詳しい情報は
アートライフ http://www.art-life.ne.jp コレクション館「ねこ展」でご覧いただけます。

 

【米鶴ねこラベル】米鶴 純米 カンタービレ概要と購入先
お問い合わせ:0238-52-1130 営業時間 9:00~17:00(平日のみ)
購入はホームページからもできます。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/なゆ)

<取材協力/はせがわ酒店表参道ヒルズ店>



“【ねこ好き必見】ねこラベル・山形「米鶴酒造」カンタービレ | はせがわ酒店” への1件のコメント

  1. 今村和夫 より:

    最初にお話ししたようにより味も改良していきたいと思っています。
    単行本が楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«