浅草橋「西口やきとん」 毎日お祭りだ!名物ナンコツにハイボール


DSC01931

浅草橋から徒歩3分。秋葉原からも徒歩圏内にある、この界隈でもつ焼きといえば飲兵衛たちは口をそろえて「西口」と答えるお店。

もともとは名前の通り浅草橋駅西口すぐのとろこにありましたが、現在の場所に移転してからも客足は伸びる一方で、向かいに支店をオープンさせるほどの賑わい。

なんでそんなに混んでいるかって?それはやっぱり、味と安さでしょう!

 

暖かい季節には店の外にはみ出すほど立ち飲み客が集まる西口やきとんは、入ってすぐが立ち飲みで奥に行くとテーブル席があります。グループならば座って落ち着いて飲んでもいいのですが、私はやっぱり入ってすぐのカウンターだなぁ。

毎日がお祭りのように賑やかで、駅から離れているとは思えない活気です。

DSC01925

いらっしゃい、飲み物は?
「ボール大で!」
はいよっ!

瓶ビールはキリンラガー(大びん500円)、生はアサヒスーパードライ、ビールから始めてももちろんよいのですが、ここで必ず頼むのはレモンハイボール(280円)。氷入りも選べますが、薄まっちゃうので無しでお願いします。

オリジナルレシピでつくられた”ボール”は、甘さが殆どなく酸味が強い。甘くないからタレや煮込みとの相性がよく、豚肉の脂をすっと流してくれます。小もあるけれど、やっぱり大でしょ。

カンパーイ!

DSC01927

名物は皿ナンコツ。西口の名物で、ほかでは食べられません。※系列店で一部あります。

軟骨をクタクタになるまで煮込んだもので、骨はほどよい弾力、身はほろほろで肉の旨味がぎゅっとつまった逸品。もつ焼き店数あれど、このオリジナルメニューは強い!

DSC01929

串は1本から注文でき、レバ、シロ、カシラ、ガツ、タン、ハツ、サエズリ、ツクネなど、定番がひと通り。それぞれ100円。ものすごい勢いで次々焼かれて売れていくから、とにかくモツの鮮度が良い。なので、いついってもアタリの美味しさ。

漬物や塩煮込みなど小皿料理は100円~200円と、何を頼んでも子供のおやつ価格。

大人になっても、こういう「買い食い」スタイルは楽しい物で、今日の小遣いの残りを考えながら、もう3本とボール1杯いけるかな、なんて考えて頼むのも楽しいです。

DSC01930

『酒場の雰囲気は店主をはじめ店の人で変わる』っていいますが、まさにその通りで、ここのお祭りムードは店の人が作り上げています。爽やかに賑やか、だからお客さんもそれに合わせて楽しんじゃう。すると店全体が明るい感じになる。西口やきとんは名物に注目しがちですが、一番はこの雰囲気なのかもしれません。

煙モクモクの空間なのでおしゃれ着ではつらいですが、女性お一人様も、勇気を出して飛び込んで「ボール大と皿ナンコツ!」って頼んじゃえば、あとはきっと楽しめます。

写真からこの熱量、伝わってきませんか?

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもお酒のお役に立てましたら、 ブログランキングのボタンを押して投票をお願いいたします。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見なゆ)

西口やきとん
03-3864-4869
東京都台東区浅草橋4-10-2
16:30~23:00(土は21:00まで・日曜は向かいの姉妹店がやっています)
予算2,000円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«