御徒町「ふぶき」 海鮮を小皿料理で食べ比べ


DSC00365

御徒町に新たな立ち呑み屋が誕生しました。
山手線周辺の飲み屋さんは、開店の情報を聞くと、とりあえず飛び込んでみるのですが、久しぶりに「ヒット」に巡り会えたように感じたのがここ「ふぶき」でした。

立喰寿司で人気の「まぐろ人」の系列で、お店自体も「まぐろ人」の真向かいのJR上野東京ラインの高架下に入っています。

お店はさほど大きくない立ち呑みカウンターが中心の配置で、店員さんが2~3人できりもりしています。店長は恰幅の良い方で、鉄板で海鮮モノをジュージューと炒めている姿は、それを見ているだけで食欲がわいてきます。

名物はお刺身三点盛りで380円。え、なにその安さ!と驚きますが、出てきて二度目のびっくり、実はだいたい五点盛りになっています。魚はその日の事情でかわりますが、メインは分厚く切られたマグロで、これはいつ食べても美味しい。

ほかのお刺身は結構珍しいものが出てくることもあり、さすが寿司屋の系列と感じます。

DSC00363

飲み物はホッピー(390円)やアサヒスーパードライ(390円)などがありますが、私のオススメは抹茶たっぷりのお茶ハイ。品書きには「すしやのお茶ハイ」の文字も書かれています。これが結構いいんですよー。お寿司屋のお茶ハイって美味しいことが多いのですが場所柄結構するんですよね。これが立ち飲み屋さんで330円ならば、これはリピートしちゃうでしょう。

DSC00362

料理は190円から490円と控えめ価格に。ボリュームは多くないのですが、一人で飲みに来てもアレコレと選びながらつまめるし、こういう設定は嬉しいですね。日替わりの料理も多くて、今日のおすすめを食べに行くのも楽しみの一つ。

DSC01769

もともと流行りの立喰寿司店からの派生なのでお店の雰囲気も清潔感があり、若い女性でも安心して立ち寄れる雰囲気だと思います。

DSC01774

たきおかを始めとした立ち飲み激戦区のアメ横エリアですが、ふぶき、すでに私も4度ほどリピート中。お肉中心の立ち飲み屋が多い中、魚系は貴重です。

ごちそうさま。

DSC01775

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもお酒のお役に立てましたら、 ブログランキングのボタンを押して投票をお願いいたします。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見なゆ)

ふぶき Fu Bu Ki
03-5817-4617
東京都台東区上野6-4-14
17:00〜23:00 ほぼやっています
予算1,500円



“御徒町「ふぶき」 海鮮を小皿料理で食べ比べ” への4件のフィードバック

  1. ちくら より:

    今日、行ってきました。
    新橋駅となやみましたが行って良かったです。

    美味しかったのと、お隣さんと酒場談義できて楽しかったです。
    また、行きたいお店です。

    情報ありがとうございます(^_^)/

    • 塩見 なゆ より:

      飲み屋さんって、その時その時にしかない楽しさってありますよね。

  2. Oscar より:

    いいいね。この手のお店、どしどし紹介してください。
    北千住から草加の東武STライン沿線も希望します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«