上野「たる松 本店」 樽酒の香りを楽しむ、老舗の酒場


DSC01569_R

カウンターの後に並ぶこも樽。
銘柄は菊正宗、高清水、吉乃川など、どれも硬派なものばかり。

白木のカウンターに上には、出番を待つ升が並んでいます。どうですか、この雰囲気。これぞ日本酒を楽しむ空間でしょう。

こも樽詰めの樽酒がこれだけ豊富に揃うお店は珍しく、それだけでなく各地の地酒もずらりと揃います。今夜は日本酒を味わいたい、そんなときには「たる松」で決まりでしょう。

 

上野のたる松はJR上野東京ラインの高架下にある比較的大きな箱のお店。たいへんな老舗でして、この界隈に珍しい大人感、重厚感のようなものがあります。一人なら白木のカウンター、グループならばテーブル席へ。二階もコの字カウンターがあり、用途に合わせて様々な使い方が楽しめます。

DSC01568_R

ビールは生は黒ラベル、瓶はサッポロラガーとヱビス。
ここは当然、サッポロラガーでしょう。赤い星マークは老舗のカウンターとよく合います。

キリっと冷えた赤星、厚みのある味がたまりません。

DSC01570_R

まずは前菜としてきぬかつぎを。コンセプト系の飲食店は楽しいけれど、こういう大衆割烹感もいいじゃないですか。
ねっとりとした食感が日本酒への欲求を高めていきます。

DSC01571_R

お酒は剣菱の樽を。樽酒ですからもちろん”冷”です。剣菱っていつ飲んでも特長的な味わい。ブレずに主張する、ザ・剣菱的な味が好き。それはもちろん樽酒になって檜の香りがついても変わりません。

おつまみには、カキフライとハモぎりきゅうりを。
天ぷらやとんかつまで置くこのお店のカキフライは外れたことがありません。相変わらず大ぶりが嬉しいです。となりに定食屋を併設しているたる松は、揚げ物が得意なのは間違いありません。

鱧もたる松の定番で、夏の季節になりますと鱧おとしまで季節メニューで登場します。

DSC01574_R

樽酒を升で飲むのは、なんだか贅沢な気分。
自宅にもこの手の升を複数もっている私ですが、やはり升酒は飲み屋でこそ美しいものだと思います。

二杯目は酔心樽酒を。広島のお酒といえば、マッサン効果で竹鶴酒造が注目されていますが、県酒大手の酔心も、中国地方のお酒としてたまらなく愛する銘柄の一つ。
なかなか樽酒を置いているお店は少なく、直営店以外で大衆飲み屋ではここくらいしかないのではないでしょうか。

角に塩をそっと盛りまして、きゅっと。

DSC01575_R

日本酒に対してこだわる料飲店は、いまでこそコンセプト居酒屋の増加で当たり前になりましたが、たる松はそんなブームのはるか前、今ほど地酒が話題になる前からずっと國酒一筋です。

扱うお酒が日本列島の上に描かれたオリジナルの地図が掲載されているのも、そんなお酒への想いを感じます。大将のコメントなんかが似顔絵付きで書かれていて楽しい。
仙台の浦霞、青梅の澤乃井などが書かれている中に、”千葉”サッポロラガービールと書かれているのがにくい演出。サッポロラガーはサッポロ千葉工場で生産されていますからね!

海鮮、揚げ物、煮物に季節の食材までバランスよく、まさしく大衆割烹という言葉がぴっとりのたる松、樽酒が飲みたくなったときにぜひ訪れてほしいお店です。箱が大きいので、宴会や5人以上のグループで飲むときにも使い勝手がよいです。

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもお酒のお役に立てましたら、 ブログランキングのボタンを押して投票をお願いいたします。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見なゆ)

 

全国銘酒 たる松 本店
03-3834-1363
東京都台東区上野6-4-13
予算3,000円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«