検索結果

キーワード「老舗」での検索結果は次の通りです。

福岡・中洲「安兵衛」 老舗のれんの向こう側。数多の酒好きから慕われる名物おでん

JR博多駅から西鉄天神駅までの間は、びっしりとネオンが灯る繁華街ですが、実は区画ごとに街の顔は大きく異なります。 大人が静かにお酒を味わう街ならば、やはり西中洲でしょう。天神の雑多さや、中洲の怪しい賑わいとも違う、食通好 […]

下関「三枡」 わざわざ行く価値あり!街を代表する老舗の名酒場でふくに酔う

下関は対岸の門司と並び、海峡の街として栄えた港湾都市です。現在は鉄道、道路ともに結ばれ、小倉を中心とした北九州都市圏と一体化しています。鉄道こそ下関を経由していますが、道路交通は街の中心部を通らず門司につながっていて、下 […]

銀座「ねのひ本店」 木挽町、老舗暖簾の安心感。焼鳥肴にねのひが美味しい

東京銀座はいわずもが日本一の飲食街。かわらないものとかわるもの、古典と先端が入り交じるのが魅力です。キラキラした裏にどっしり構える老舗の酒場は数多い。ねのひ本店も半世紀続く銀座木挽町の古き酒場です。 店名の「ねのひ」は知 […]

【全駅酩酊はしごライン】名店ざくざく、文化と酒が入り交じる中央線老舗酒場

日本は世界一公共交通が発達し、駅前を中心に赤ちょうちんが広がります。世界の居酒屋にはない日本独特の文化です。飲みすぎて寝過ごしは辛いけど、お酒と鉄道は切っても切り離せない存在です。 今回より始まります飲み歩き企画「全駅酩 […]

銀座「梅林本店」 元祖ひと口ヒレカツで90年。銀座の老舗で星と鶴

銀座は日本の洋食を開花させた街。この街に生まれ全国に広まった数多の料理のなかから、今回は「ひと口ひれかつ」をつくった老舗「銀座梅林」をご紹介します。何店舗か支店があり、最近は海外へも進出していますが本店は銀座7丁目にあり […]

人吉「大平樂」 1956年創業、温泉街の老舗食堂で肉まん焼売キリンラガー

難攻不落の自然の要塞「繊月城」こと人吉城の城下町で、明治以降は鹿児島と熊本を結ぶ鉄道ルートの第一号として開通した現在の肥薩線によって近代化、観光地化が進んだ人吉。 街のあちこちに温泉銭湯があるほどの温泉街で、とろみのある […]

三鷹「大島酒場」創業84年、美しい老舗の立ち飲みで魚とお酒

中央線の沿線は十駅十色。ひと駅ごとに個性と深さと輝きが異なる魅力的な駅が続く路線です。とくに、ノンベエにとってはこれほど素晴らしい沿線はないでしょう。 東京、新宿は言うまでもなく、中野から立川までどの駅で降りても引力の強 […]

自由が丘「酒場シナトラ自由が丘店」 老舗でなくとも酒場はつくれる!親子で使える良いお店

ここ数年は「大衆酒場ブーム」と言われています。これまでアルコールはおまけ扱いだった大手のチェーン飲食店も続々と「ちょい飲み」に参入しました。 ブームによって、これまで老舗の酒場が持っていたムードとは異なる、ときにはコンビ […]

保谷「丸越」 新鮮なやきとりを真面目に淡々と。老舗の名店はいつも混雑。

西武池袋線の沿線は、メディアで取り上げられていないけど地元の方たちで大人気、そんな地域密着の名酒場の宝庫です。保谷駅から徒歩3分ほど、やきとりの「丸越」も地元に愛され続けて半世紀近い老舗です。 酒は天下の太平山。縄のれん […]

蒲田「金春本店」 お疲れさまセットがお得!気取らない老舗で銘店の味

蒲田は言わずと知れた餃子の街。とくに羽つき餃子は蒲田が発祥で、そんな蒲田の名物を食べるならば「今春本館」がおすすめ。1391年に初代・八木龍平が中国大連の旅順で創業し、その後蒲田に暖簾を持ち帰りはじめたお店です。你好本店 […]

浅草「甲州屋」 ひさご通りの老舗で、麒麟・キンシ正宗で蕎麦前を楽しむ

江戸の食文化を代表する料理のひとつ「蕎麦」。東京の歴史ある街を歩けば、そこかしこに老舗ののれんを見つけることができます。浅草はひさご通りにある「甲州屋」もこの商店街の長年の顔です。現在は直線的なデザインでモダンな建物です […]

宮城「菅原酒店」 広瀬通りの角で杜の都の酒文化の一躍を担う老舗

東京から宮城は東北新幹線で最短90分ほどで結ばれています。憧れの地・杜の都はいつのまにかだいぶ近くなりました。 仙台駅周辺は徒歩で歩ける範囲に雰囲気のことなる飲み屋街が点在しており、それぞれ香りを感じて階子するのも楽しい […]

浅草「相模屋本店」 ネオ角打ちとはいかに。一つの答えを創業130年の老舗で見つける

むかしは今以上にお酒屋さんは身近な存在でした。私も幼い頃から買い物の付き添いや、ジュースを買いに今のコンビニのような感覚で通ったものです。 そして、どこの街のお酒屋さんでも何軒かは当たり前にやっていた、店の片隅でグラスの […]

上野「翁庵」 蕎麦前は昼酒の基本。歴史はあれど飾らない老舗街蕎麦で酔う

江戸時代には居酒屋はなく、江戸の町民がお昼に飲む場所といえば蕎麦屋が多かったそうな。時代はかわれど、東京の昼酒の定番は蕎麦屋が一番しっくりきます。 昼食時のピークをこえた2時頃、午後の強い日差しも暖簾をはさむことで穏やか […]

岡山「喜楽鮨」 戦後復興から現在へ、平和町の老舗寿司店

岡山は大戦中の1945年6月29日、138機の爆撃機によって焼夷弾による空襲を受け、市街の6割が焦土と化し、1,700人以上が犠牲になりました。それから4年後、平和町と名付けられることになる地に、戦後の混乱がまだ収まらぬ […]

1 / 411234561020