検索結果

キーワード「予算1,」での検索結果は次の通りです。

仙台「八仙」 今も昔も市民に愛される、ブンヨコの名物餃子

“ブンヨコ”の名で親しまれる仙台の文化横丁。酒場を愛する人にとって、仙台の夜になくてはならない一画でしょう。 仙台大空襲で焼け野原となった仙台で、力強く立ち上がった闇市が起源で、文化キネマという名 […]

中野「サワースタンドエイト」 エッジのきかせ方が心地よいサワー専門店

中央線文化と、中野ブロードウェイを中心としたサブカルが融合し、不思議な流れが生まれる中野。さらに再開発で大学やキリンビールがやってきて、ますます混沌としてきました。もちろんいい意味で。 電車でわずかな新宿、高田馬場、杉並 […]

下関「一善」 安くて美味しい。海峡の大衆食堂は朝から深夜まで営業中!

食堂飲みを愛する方々にぜひとも足を運んでほしいお店があります。山口県下関市、海峡の街の大衆食堂「一善」です。 JR下関駅前で、なんと朝9時から深夜23時まで通しで営業。高松や青森、函館など、古くから海峡の港湾都市として栄 […]

銀座「立呑み丸吟」 小銭で楽しむ銀座。コリドー街のちょい飲みスポット。

銀座は日本を代表する繁華街。高級店が立ち並ぶイメージが強いですが、実は手軽に飲めるお店も豊富です。 本格的な飲食店で食事をする前、ちょっとした待ち合わせやゼロ軒目に、低価格なお店で一寸一杯を楽しむようになれば、銀座梯子酒 […]

取手「さつま」 地元ノンベエ御用達。毎日でも通えるもつ焼き大衆酒場

水戸街道の宿場町・取手。昔も今も<東京と水戸を繋ぐ交通の要衝です。上野からはJR常磐線の快速電車で35分、東京に一番近い茨城の街へ、気まぐれ酒場旅にきました。 旧本陣の近くには古くからの飲み屋街があり、個人系の酒場 […]

姫路「かっぱ 酒饌亭 灘菊」 酒粕白おでんを肴に灘酒を一献、酒蔵直営店。

姫路の「酒饌亭 灘菊」は、1959年(昭和34年)に国鉄姫路駅の地下街で創業した小さな酒場です。店名の通り、姫路市手柄の酒蔵「灘菊」が手がける直営店で、同社の酒と姫路名物のおでんを手軽に楽しませてくれると、長年愛されてき […]

人形町「カミヤ本店」 5本縛りもなんのその。鮮度抜群の豚モツは絶品です

もつ焼きは東京の酒場を代表するおつまみです。戦後の食糧難の際、焼鳥や鰻のかわりとして闇市や下町から広まりました。 東京の復興のために猛烈に働き、仕事帰りにもつ焼きを肴に粕取り焼酎や二級酒で一日の労を癒やし、明日への活力と […]

一之江「大衆酒場カネス」かわりゆく街を、ずっと照らしてきた赤提灯

「一之江の「大衆酒場カネス」を知らないノンベエはもぐりだ。」そんな言葉を昔聞いたことがあります。もちろん、その人は長年一之江に住んでいた方なのですが、現在のように高層マンションが立ち並ぶ一之江へ最近引っ越してきた人は、そ […]

桜木町「ふくふく」 レモンサワーは、もはやオヤジの二杯目じゃない

レモンサワーといえば、どんなイメージでしょう。大衆酒場ならばオヤジの二杯目的な感じ? ここ数年、レモンサワーが酒場ドリンクのトレンドです。従来からの樽詰め、割材系、コンク(シロップ)系に加え、ビジュアル重視のお店オリジナ […]

広島「大福」 エキニシの景色。老いも若きもビールとお好み焼きに微笑む

広島市大須賀町。通称エキニシと呼ばれる小さな飲み屋が密集する一画があります。広島駅周辺の再開発の大波をくぐり抜け、今もなお戦後すぐの匂いを漂わせています。 主要都市の駅前といえば、駅の隣は郵便局というのが定番です。広島も […]

松山市「かめそばじゅん」 ラガーにぴったり!濃厚旨味がビールを誘うナゾの焼きそば

松山の郷土の味として知られる「かめそば」。 昭和20年代に創業した食堂「かめ」の焼きそばは、いつしか「かめそば」と呼ばれるようになり、地元に愛され続けてきました。平成に入り、「かめ」は惜しまれつつも閉店することになり、か […]

田端「動坂ときわ食堂」 定番という幸せ。さぁ、古き良き東京食堂へ飲みに行こう!

外飲みのシーンは様々です。 大切な人との静かな乾杯。仲間と語らい杯を交わす。特別なお店でひとり静かに過ごすカウンター。そこにお酒があるから、暮らしに潤いが生まれます。 そして、もうひとつ必要なシーン。それは定番の酒場とい […]

神田「神田屋」 センベロ好き必見!あのテングが始めたネオセンベロ店登場

サラリーマンの街・神田駅の周辺は、毎日飲める、安く楽しい「センベロ」の激戦区です。人気の老舗酒屋の角打ちも、150円均一で売り出した怪しいミラーボールが輝く酒場も、水色のドラム缶を囲む立ち飲みも、よりどりみどり。センベロ […]

桜木町「中華酒場風来坊本店」 本格中華を立ち飲みで!野毛で新たな給水スポット誕生

横浜の飲み屋街はJR横浜駅周辺より、むしろ1駅移動した桜木町・野毛のほうが規模が大きく、また独特な闇市由来のムードを漂わせていることもあり、ノンベエの間では昔から注目されています。また、以前は東急東横線の終着だったことや […]

戸畑「はらぐち酒店」 港と鉄の街に角打ちあり。ひときわ賑わう酒天国

今日は戸畑駅にやってきました。この街は明治の中頃までは小さな漁村でしたが、その後、近代化という巨大な時代の変化に飲み込まれます。門司と福岡を結ぶ大動脈「九州鉄道」(現:JR九州・鹿児島本線)の開通、そして大正に入ると旭硝 […]

1 / 351234561020